パソコンを使う大学生がブルーライトをお洒落に防ぐ方法

こんにちは。ニコラスです。

大学生になると、ほとんどの大学でパソコンが必須アイテムとなっており、パソコンの画面を見つめる機会も多くなって来ると思います。

しかし、パソコンの画面からはブルーライトなどが発されており、長時間見ていると視力の低下や、疲労感、睡眠の質の低下などが危ぶまれます。

ブルーライトは、ブルーライトカット眼鏡などで対策すればカットすることができるのですが、残念ながらその辺で売っているブルーライトカットメガネはダッサイ事がおおいですので、お洒落なブルーライトカット眼鏡や、眼鏡以外での対策方法をご紹介します。

まずは眼鏡以外の対策を

ブルーライトは、眼鏡を使わなくてもある程度は防ぐことが出来ます。その方法をいくつかご紹介します。

夜間モードを使う

Windowsのパソコンであらば、夜間モードを使うことで、Macの場合はNight Shiftを使うことである程度のブルーライトをカット出来ます。

やり方は、Windowsであれば右下のボタンから通知センターを開き、夜間モードをオンにするだけです。

Macの場合は、通知センターを開き、通知タブにあるNight Shift をオンにするだけです。僕はWindowsユーザーなので残念ながらスクリーンショットは用意出来ませんでしたので、詳しく知りたい方は、こちらのサイト(※外部サイトとなります)をご覧いただくとわかるかもしれません。

ただし、この方法では後に紹介する、ブルーライトカットフィルムよりもブルーライトのカット率が低くなってしまうため、気休め程度にしかならないのかもしれません。また、画面全体の色合いが変わってしまうというデメリットもあります。

ブルーライトカットフィルムを貼る

次に、パソコンの画面にブルーライトカットフィルムを貼るという方法です。この方法では、パソコンの画面に直接フィルムを貼ることでブルーライトを抑えることが出来ます。

ブルーライトカットフィルムは下の商品のようなものが多数売られています。

Digio2 PC用 透明ブルーライトカットフィルム 光沢 タッチパネル対応 13.3W SF-FLKBC133W(1枚入)【ナカバヤシ】

価格:2,650円
(2018/6/12 16:09時点)

現在販売されているフィルムの多くは20~30%のブルーライトをカットしますが、新しいものでは90%近くのブルーライトをカットできるものもあります。ご自身のパソコンの画面サイズにあったものを探してみると良いでしょう。

ブルーライトカットフィルムのデメリットとしては、古くなってくると交換が必要であったり、画面に貼ることによって画質が落ちて見えてしまうものがある、というものがあります。

ただ、最近では画面に貼らずに画面にぶら下げるタイプのものもあるのでそちらも検討してみると良いと思います。

ブルーライトカット眼鏡を使う

ブルーライトカット眼鏡は、ブルーライトをカットする方法の中では1番メジャーなのではないでしょうか?

しかし、多くの人は安さなどを追求しら安くてあまり効果のないものを使っていたり、デザインが悪くて家でしか使えないものを使っている、などといった状況に陥っているように思います。

そこで、ここでは目をしっかり保護し出来、そしてどこででも使えるデザイン性の優れたものをご紹介します。

今回ご紹介するのは、皆さんご存知のメガネブランド、JIN’sのJINS SCREENです。



この商品には、様々なメリットがあります。

まず、ブルーライトカットがしっかり出来るという点です。JINS SCREENではレンズの種類が2種類あり、25%カットか40%カットから選択することができます。

このパーセンテージは、欧米の規格であるEN規格に基づいて算出されており、その辺で売ってる安いものとはその信頼度が大きく異なります。

次に、レンズの質が良いということです。

安いブルーライトカット眼鏡だと、レンズ自体が青や緑などに光ってしまうものが多くあります。また、JINS SCREENも以前はそうでしたが、改良が重ねられ、より透明度が増しました。

更に、これは皆さんご存知かも知れませんが、JIN’sはデザイン性に優れたメガネを多く作っています。もちろんこのJINS SCREENもその例に漏れません。Jasper Morrison氏率いるプロジェクトチームにより、’Normalという美しさをメガネに’というコンセプトのもとでデザインされており、とてもお洒落なデザインとなっていますのでカフェで課題をやるなど、外でパソコンを使う時も恥ずかしくありません。

また、JINS SCREENではカラーバリエーションがかなり豊富になっていてあなた自身の好きな色、気に入った色のものを選ぶことができます。そして、カラーバリエーションが豊富なだけでなく、好きなフレームを選んでカスタマイズをすることになっています。

これだけメリットがあって、5000円ですから、その辺の安く、品質の低いブルーライトカット眼鏡を買うより断然いいですね。

さらに、オンライストアなら会員限定の割引を受けることも出来たりするのでお得です。

公式オンラインショップは以下のボタンから見ることができます。

JIN’s オンラインショップ

まとめ

いかがでしたか?普段、大学生活においてPCを利用するという方はこの記事で紹介した方法を試してみると良いかもしれません。

どの方法においても、完全にブルーライトをカットできる訳ではありませんので例えば、カット率は良くないもののデメリットの少ない夜間モードや、貼らないタイプのブルーライトカットフィルムに、ブルーライトカット眼鏡を組み合わせて使ってみるというのが良いかもしれません。

では。ニコラスでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。