大学生におすすめのウォーターサーバー比較してみた!一人暮らしにも最適!

こんにちは。ニコラスとぞいいける男子大学生です。
さて今回は、主に一人暮らしの大学生の悩みを解決するスーパーアイテム、「ウォーターサーバー」の紹介・比較をしていきます!

この記事は非常に長くなっていますが、下の[目次]の横の「表示」ボタンを押すことで目次を表示し、目的の部分に行くことができます。

ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバー、1度は聞いたことがあるような気がする人も多いと思います。でも、実際なんなのか分かっていないという方もいるのではないでしょうか?

ウォーターサーバーは、冷温水器全般のことで、サーバーに専用のボトルをセットしてボタン一つを押すだけで、いつでも天然水やRO水などをはじめとした、飲料用に厳選されたお水を冷水・温水として、いつでも飲むことができる給水、給湯機です。以前はオフィスやホテルなどの公共施設にしか置かれていませんでしたが、現在では家庭用のウォーターサーバーも普及しており、リーズナブルな価格での利用が可能となっています。

また、ウォーターサーバーには大きくわけて以下の2つの種類があります

卓上タイプ

卓上タイプはその名の通り机などの上に設置するタイプのものです。卓上タイプのウォーターサーバーはとてもコンパクトで、より小さなスペースに設置することができるようになっていますが、1回にセットできる水の量が少ないというデメリットがあります。

床置きタイプ

床置タイプは、設置スペースは必要となるというデメリットはありますが(最近ではスマートな形のものが増えています)、タンクの容量が大きく、利便性などの面で考えると卓上タイプよりも優れている点が多くなっています。

ウォーターサーバーを使うメリットとは

では、ウォーターサーバーを使うメリットとはなんなのでしょうか?

ウォーターサーバーを使うことにはいくつものメリットがありますのでここではその中からいくつかをご紹介します。

安全な水がいつでも飲める

ウォーターサーバーにセットするボトルに入れられている水は、メーカーが特定の水源から採水し、ろ過・加熱などの処理をして、厳しい衛生管理のもとで製造されているため、有害物質などの混入の心配がなく、安心に飲むことができます。
また、ウォーターサーバーの機種によっては、水を衛生的かつ安全に保存する機能が備わっており、更に安心です。

おいしい水が飲める

ウォーターサーバーの水は、熱処理などによる殺菌やろ過を施した上で安全にボトリングされて届くため水道水と違い、塩素消毒などによる臭みがありません。

沸かしたりせずとも美味しい水やお湯をいつでも飲むことができます。

便利で手軽に使える

ウォーターサーバーは、ボトルをセットすると、サーバー内部の貯水タンクに一定量の水が供給され、タンク内の水が少なくなると、自動的にボトルからタンクへと水が流れるというシステムになっています。

サーバーには、水を冷やす機能と熱する機能の両方が備わっているため、いつでも待たずに冷水や温水を飲むことができます。

ユーザーがすることはボトルの水がなくなった時にボトルを交換するだけなので、ペットボトルのように消費するたびに冷蔵庫に入れたり、お湯を使いたい時にいちいち沸かすという手間がなくなります。

また、ウォーターサーバーにセットするウォーターボトルは業者が届けてくれるというサービスが主流となっていますので、スーパーなどで重いペットボトル飲料を買ってくるという労力も省くことができます。

ペットボトルの水よりもお得な時も!

ウォーターサーバーというと割高感のあるイメージがある方や、大学生には手が届かない、ぜいたくだ、などと考えている方もいるかもしれませんが、実際にはペットボトル飲料よりも安い場合もあります。

例えばコンビニなどで500mlのミネラルウォーターを購入したり、スーパーマーケットで2リットルの天然水を購入したりした場合、1リットルあたり170~200円ほどかかってしまいますが、ウォーターサーバー用の水を宅配した場合だいたいは12L入りのボトルで平均1500円~1900円くらいですので、 1リットル換算すると125円~158円円程度にしかなりません。

あまり変わらないと思うかもしれませんが、ペットボトルを買ってくるよりも圧倒的に手間も少なく、そう考えるとかなりお得になってきます。

災害時に困らない

災害が発生して水道が止まってしまっても、ウォーターサーバーの水を使うことができるので安心です。

ウォーターサーバーを使うデメリットは

多数のメリットをご紹介しますが、ウォーターサーバーにはデメリットもありますので、デメリットもご紹介します。

電気代がかかる

ウォーターサーバーは、常に水の温度を保つため、コンセントに接続しておく必要があります。そのため、電気代がかかってしまうのです。

しかし、電気代がかかるとは言っても冷蔵庫のように大量に使う訳ではなく、電気ポット1~1.5個分程度しか使いません。

場所をとる

ウォーターサーバーは床置きタイプでも卓上タイプでも、置く場所が必要になります。ただ、そこまで大きいものでもありませんし、スマートな形のものも多いですので、ものすごく困るということは無いと思います。

ウォーターサーバーはこんな人にオススメ!

ウォーターサーバーは、もちろん実家暮らしの大学生にもオススメですが、特に一人暮らしの大学生にオススメです!

以下が当てはまる人はウォーターサーバーの利用を考えてみても良いのではないでしょうか?

  • 水道水が不味い、美味しい水が飲みたい。
  • 水を冷やすのが面倒
  • お湯を沸かすのが面倒
  • 水代を節約したい。
  • ペットボトル飲料を買うのが大変。
  • 災害対策がしたい。
  • ペットボトルゴミを減らしたい。

安全な水を飲みたい。

ウォーターサーバーを利用するまでの流れ

ウォーターサーバーを実際に利用するにはどうすれば良いのか、ご説明します。

購入かレンタルかを決める

ウォーターサーバーを利用する際は、サーバーを購入する場合と、レンタルする場合があります。

購入する

購入する、という場合は文字通りサーバーを購入してしまうということです。初期費用は高くなりますが長く使い続けるのであれば購入してしまっても良いかもしれませんが、大学生で一人暮らし、という場合にはあまりオススメできません。

レンタルする

レンタルは、サーバーをウォーターサーバーの会社からレンタルするというものです。ウォーターサーバーを利用する際にはレンタルする、というのが一般的ですので、特に大学生なんかはレンタルの方が良いでしょう。最近では、レンタル料金が無料のサービスが増えておりますので低コストで利用することができます。また、レンタルであればメンテナンスなども行って貰えたりもするので購入するよりも安心です。

水の宅配方法を選ぶ

ウォーターサーバーは、水を宅配で届けてもらう必要がありますが、宅配方法にはワンウェイ方式とリターナブル方式の2つの方式があります。これらには、それぞれメリットデメリットがありますのでご説明します。

ワンウェイ方式

ワンウェイ方式は、その名の通り「片道」ということで、届いたボトルを使い切ったらリサイクルゴミとして処分する、というものです。

メリット
  • 使い切ったボトルを処分できるためスペースの節約に。
  • 宅配業者の配達のため配達日時を指定したり、再配達の手配が簡単。
  • 使い終わったボトルを処分するため衛生的
デメリット
  • 使い切ったボトルを自分で処分する手間がかる。
  • ゴミが大きい。
  • ボトルを買い切る形になるためリターナブルに比べ料金が高くなる傾向がある。

リターナブル方式

リターナブル方式は、使い切ったボトルを処分せず、次にボトルが届く際に回収してもらえるという方式です。

メリット
  • ゴミが出ない。
  • 使い捨てボトルに比べると価格が安い傾向がある。
  • ウォーターサーバー業者からの直接配達のためボトルを指定した場所に置いてもらうことができる。
デメリット
    • 使い終わったボトルを保管しておくためのスペースが必要。
    • 配達日時の指定が細かくできない。
    • 再配達ができない場合が多く、不在の時は家の前に置いていかれる
使い切ったボトルを置いておくスペースがない方、細かく日時指定したい方はワンウェイ方式がオススメです。
また、ゴミを出したくない方や、少しでも低価格のものを利用したい方はリターナブル方式がオススメです。

水の種類を選ぶ

ウォーターサーバーの水には、主に「天然水」と「RO水」の2種類があります。

それぞれの特徴などを解説します。

天然水

天然水は皆さんご存知のように、富士山麓やなどの水源から採水した水に、ろ過・沈殿・加熱殺菌などを施したものです。ミネラルの添加などは行われておらず、自然本来の水を飲むことができます。

RO水

RO水は、RO膜という膜を使って不純物を取り除いたものです。天然水よりも定義はあいまいで、ものによってはミネラルが添加されている場合があります。水の硬度としてはこちらの方が低くなっています。

ウォーターサーバーの業者を選ぶ

ウォーターサーバーは、数々の会社がサービスを提供しています。その中から、自分の希望する条件にあった業者を選び、契約します。

おすすめのサービスはこの記事の後の方でご紹介・比較していますので是非参考にしてみてください。

ウォーターサーバーの業者を選べたら、以下のような流れでウォーターサーバーを利用できます。

①ウォーターサーバーのプランなどを決めて申し込み、支払い。

②ウォーターサーバー業者からウォーターサーバーとボトルが届くので自宅に設置。

③水がなくなったら注文/定期的に宅配。

おすすめのウォーターサーバーとそれぞれの特徴

ウォーターサーバーのサービスは数多くありますが、その中から僕がオススメできるものを厳選し、それぞれの特徴をご紹介します。

ワンウェイウォーター

基本情報
  • ワンウェイ方式
  • 卓上/床置き 選択可
  • 初期費用無料
  • ウォーターサーバーレンタル料無料
  • 配送料無料
  • ボトル料金
  • ボトル12リットル1250円(税込1350円)
  • RO水、天然水選択可

ワンウェイウォーターは、RO水では業界最安級のウォーターサーバー宅配サービスです。こちらも、初期費用、ウォーターサーバーレンタル料、配送料が無料になっているため、ボトルの料金のみで利用できます。

ボトルはRO水であれば12リットル1250円(税込1350円)、天然水であれば12リットル1900円(税込2052円)となっており、一人暮らしであれば、月に2ボトルで、RO水なら2500円(税込2700円)、天然水なら3800円(税込4104円)での利用が可能です。

特徴

安心の水!

一般的な浄水器では除去しきれない微少化学物質も除去してくれるため、安全な水を飲むことができます。

 

ミネラルが豊富!

独自の製法によってミネラルがバランスよく含まれています。

掃除ロボット付きウォーターサーバー

ワンウェイウォーターでは、掃除ロボット付きのウォーターサーバーも使うことができます。

キャンペーンなど

ワンウェイウォーターでは、コシヒカリが当たるキャンペーンなどが行われています。契約する時期によってキャンペーン内容が異なる場合がありますので公式サイトの確認が必要です。

公式サイトからの申し込みでないとキャンペーンなどが使えない場合があるので必ず下のボタンより公式サイトにアクセスしてください。

ワンウェイウォーター公式サイトを見る

アクアセレクト

基本情報
  • ワンウェイ方式/リターナブル方式 選択可
  • 卓上型/床置き型 選択可
  • 初期費用無料
  • ウォーターサーバーレンタル料無料
  • 送料無料
  • ボトル2本22.7リットル2685円
  • 天然水

アクアセレクトは、天然水を提供するウォーターサーバーサービスの中では最安級の価格で利用することができます。ボトルタイプであれば、1本11.35リットル1,240円で購入できますが、2本まとめて買わなくてはいけないので、一人暮らしには少し多いことがあるというデメリットがあります。

特徴

宮川の天然水!

伊勢宮川の綺麗な天然水なのでとても美味しく飲むことができます。

ボトルとパックが選択可能!

リターナブルならボトル、ワンウェイならパックを選択できます。パックは、袋のようなものなのでとても手軽に扱え、捨てる時も簡単です。

キャンペーンなど

アクアセレクトでは、初回の水1箱(最大3,700円相当)が無料でプレゼントされるキャンペーンなどが行われています。

キャンペーンは、時期によって内容が異なる場合がありますので公式サイトで確認が必要です。

公式サイトからの申し込みでないとキャンペーンなどが適用されない場合がありますので必ず下のボタンより公式サイトをご覧下さい。

アクアセレクト公式サイトを見る

Kirara

基本情報
  • ワンウェイ方式
  •  床置き型
  • ウォーターサーバーレンタル料、月1,296円(税抜1,200円)
  • 送料無料
  • 1箱(7.2リットル4パック)4,968円(税抜4,600円)
  • 天然水
  • 炭酸水カートリッジオプションあり

Kiralaはウォーターサーバー業界に新たに登場した注目のNEWブランドです。一定期間以上の契約が必要となり、サーバーレンタル料もかかるため大学生には少し高いかもしれませんが、スタイリッシュなサーバーであることや炭酸水を作ることができる機能をオプションの利用が可能で有ることなどからおすすめできるウォーターサーバーサービスであると考えられます。

特徴

スマートでスタイリッシュなサーバー!

奥行きわずか18cmのウォーターサーバーは、デザインも優れており、インテリアとしての機能も果たすことが可能です。

炭酸水を作ることが可能

kiraraのウォーターサーバーでは、好きなときにウォーターサーバーを作ることが可能になっています。炭酸水で飲み物を作ることはもちろんですが、最近では簡単にできる週に2~3回のケアとして、洗顔や洗髪にとりいれる方が急増しています。衛生面でも安心ですし、程よい刺激感にハマってしまうこと間違いなしです。

富士山の天然水

富士山を採水地とした美味しくきれいな水が使用されています。工場も富士山の麓、標高1000m以上の場所にあるため新鮮な状態でパックされた水を楽しむことが出来ます。

キャンペーンなど

kiraraでは、各地に試飲、体感スポットが設けられており、kiraraの機能や水を体験することが可能です。

kiraraの公式サイトには下のボタンからアクセスすることが出来ます。

【Kirala】公式サイトを見る

FRECIOUS(フレシャス)


基本情報
  • ワンウェイ方式
  • 卓上型/床置き型 選択可
  • 初期費用無料
  • ウォーターサーバーレンタル料無料
  • 配送料無料
  • ボトル一本9.3リットルあたり1,626円 (注文は2本単位)
  • 天然水

FRECIOUS(フレシャス)は、多くのメディアでも取り上げられている人気のウォーターサーバーサービスで、ウォーターサーバーがグッドデザイン賞を受賞していたり、キャラクターとのコラボを行っていたりもします。

特徴

グッドデザイン賞を受賞したサーバー!

フレシャスのウォーターサーバーはグッドデザイン賞を受賞しており、スタイリッシュなウォーターサーバーとなっているため部屋に置いても違和感がありません。

3種類の天然水!

フレシャスでは3種類の天然水が用意されています。フレシャス富士、フレシャス朝霧高原、森に湧き出る天然水の中から選ぶことができます。ご自身にあった水を選ぶのが良いでしょう。

軽量パックで水の交換が楽!

フレシャスでは大きなボトルではなく、軽量化されたパックで水が届くため、新たに水をセットする際に女性でも簡単にセットすることができます。

キャラクターコラボのウォーターサーバー!

フレシャスウォーターでは、リラックマやワンピースなどとコラボしたウォーターサーバーの選択が可能です。

キャンペーンなど

フレシャスウォーターでは様々なキャンペーンが行われています。記事執筆時点では、お米が全員にプレゼントされるキャンペーンや、乗り換えキャンペーン、割引キャンペーン等が行われています。

キャンペーンは公式ページで購入しないと適用されません。必ず下のボタンからアクセスしてください。

フレシャス公式サイトを見る

アクアクララ

基本情報
  • リターナブル方式
  • 卓上型/床置き型 選択可
  • 初期費用無料
  • ウォーターサーバーレンタル料無料
  • 配送料無料
  • ボトル1本(12リットル)1296円、7リットルボトルなら900円
  • RO水

アクアクララは、モンドセレクション賞を7年連続で受賞しており、電気代を抑えることができるウォーターサーバーや、サービスの充実ぶりなどが特徴です。最近では電車内でのCMなども放送されています。

特徴

安心サポート

アクアクララでは安心サポートサービスがあり、専門スタッフによるウォーターサーバーの配達設置やサーバーの定期メンテナンス、故障対応などが可能で、安心・快適に利用できます。

電気代の節約になるエコサーバー

アクアクララでは、他のウォーターサーバーと比べて電気代を大幅に減らすことができるエコなウォーターサーバーを使うことができます。

豊富なカラーバリエーション

アクアクララでは多数の色のウォーターサーバーが用意されており、好きな色のサーバーを選ぶことができます。

キャンペーンなど

アクアクララでは、家電が必ず貰えるキャンペーンなどが行われています。キャンペーン内容は契約時期によって異なる場合がありますので必ず公式サイトを確認してください。

また、公式サイト以外で購入するとキャンペーンなどが適用されませんので必ず下のボタンから公式サイトへアクセスしてください。

アクアクララの公式サイトを見る

項目別ウォーターサーバーサービス比較!

ここからは、それぞれの項目別に上で紹介したウォーターサーバーサービスを比較していきます。なお、ここでの比較内容は記事執筆時点のものですので必ず公式サイトで確認するようにしてください。

初期費用

初期費用は、契約時にかかる料金のことです。無料のサービスがほとんどです。

サービス名料金
ワンウェイウォーター無料
アクアセレクト無料
Kirara無料
フレシャス無料
アクアクララ無料

ウォーターサーバーレンタル料

ウォーターサーバー本体のレンタル料は、無料、有料がありますのでチェック必須です!なお、ここでは無料と記載しているサービスでも、ウォーターサーバーの選択によっては有料のものがある場合がありますのでご注意ください。

料金サービス名     
ワンウェイウォーター無料
アクアセレクト無料
Kirara1,296円(税抜1,200円)/月
フレシャス無料~
アクアクララ無料

配送料

配送料は、月々の水の配送にかかる料金のことです。ほとんどのサービスでは無料てなっています。

料金サービス名
ワンウェイウォーター無料
アクアセレクト無料
Kirara無料
フレシャス無料
アクアクララ無料

水の料金

水の料金は、ボトルやパックあたりの料金のことです。

サービス名料金
ワンウェイウォーター・プラスプレミアム(富士/京都)
1,350円/本(12L)
・奥京都三岳山麓 京の湧水
2,052円/本(12L)
・富士の銘水 彩(SAYA)
2,052円/本(12L)
・九州日田 天寿の水
2,052円/本(12L)
アクアセレクトボトル:1,240円/本(11.35L)
パック:1,253円/個(8.0L)
Kirara1,242円/7.2L(3年プラン)※年水により異なります。
フレシャス・フレシャス富士
1,247円 / パック(7.2L)
999円 / パック(4.7L)
1,626円 / ボトル(9.3L)
・フレシャス朝霧高原
1,231円 / パック(7.2L)
・フレシャス木曽
1,264円 / パック(7.2L)
アクアクララ1,296円/本(12L)

注文単位

ウォーターサーバーのサービスでは、ボトルやパックを箱単位や、数本単位でしか購入できないものが多くありますので、確認が必要です。

サービス名注文単位
ワンウェイウォーター2本
アクアセレクトボトル:1箱(2本)
パック:1箱(3パック)
Kirara1箱(4パック)単位
フレシャスパック式:4パック1箱
ボトル式:2本単位
アクアクララ2本

500ml(ペットボトル1本分)当たりの料金

月々にかかる料金を、500mlのペットボトル1本分の料金に換算したものです。多少異なる可能性がありますので参考程度に留めてください。

サービス名料金
ワンウェイウォーター56円
アクアセレクト約60円
Kirara86円
フレシャス87円
アクアクララ約70円

注文方法

休止可能のものについては、一定期間以上休止すると料金が発生するものがあるため、公式サイトでお確かめください。

サービス名注文方法
ワンウェイウォーター毎月2本以上の定期配送(休止可能)
アクアセレクト毎月2本または3パック以上の定期配送(休止可能)
Kirara1箱(4パック)単位での定期配送(休止可能)
フレシャス毎月1箱、または1~4週間ごとの自動定期配送(休止可能)
アクアクララ必要な時に注文

違約金

ウォーターサーバーのサービスのほとんどでは、短期間で解約すると違約金が発生します。違約金の金額について詳しくは公式サイトをご覧下さい。

サービス名違約金
ワンウェイウォーター一年以内の解約で5,400円。2年以内の解約で9720円~
アクアセレクト2年以内の解約で9,720円
Kirara1年プラン:5,400円
2年プラン:14,040円
3年プラン:19,440円
フレシャス2年以内の解約で9,720円。9ヶ月以内の解約で16,200円。
アクアクララ6ヶ月以内の解約で3,240円

支払い方法

大学生ではクレジットカードを持っていない人も多くいるかと思いますので必ず確認しておきましょう。
なお、デビットカードやLINEpayでは対応していないことが多いので注意が必要です。

サービス名支払い方法
ワンウェイウォータークレジットカードまたは代金引換
アクアセレクトクレジットカード
Kiraraクレジットカード
フレシャスクレジットカードまたは代金引換
アクアクララクレジットカードまたは口座振替

配送地域

ウォーターサーバーは、首都圏であればほとんど対応していますが、地方だと対応していない地域があるものもあるので注意が必要です。

サービス名配送地域
ワンウェイウォーター北海道、沖縄、離島以外の全国
アクアセレクト全国(離島は問い合わせ)
Kirara全国(一部地域を除く)
フレシャスウォーター沖縄、一部地域を除く全国
アクアクララ離島などを除く全国

公式サイト

比較、ではありませんがそれぞれのサービスの公式サイトへのリンクを一覧にしました。それぞれのボタンを押すと公式サイトを見ることができます。

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター公式サイトを見る

アクアセレクト

アクアセレクト公式サイトを見る

Kirara

【Kirala】公式サイトを見る

フレシャス

フレシャス公式サイトを見る

アクアクララ

アクアクララの公式サイトを見る

まとめ

このきじでは、大学生、特に一人暮らしの大学生におすすめの、「ウォーターサーバー」についてご紹介しました。それぞれの特徴をまとめ、比較もしているので是非このサイトを参考にウォーターサーバーの利用を検討してみてください。
サイト内でご紹介したサービスを利用する際には、キャンペーンを適用するため、また、類似サービスとの間違えを防ぐため、このサイト内のボタンを押して公式サイトへアクセスすることをお勧めします。

この記事は良いウォーターサーバーが見つかったり、内容に変更があった際などに今後も更新していくと思いますので、今すぐにはウォーターサーバーを利用しない、という方も今後再び訪れてみてください。

では。ニコラスでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。