暑い日の靴の蒸れを防ぐ方法

こんにちは。ニコラスです。暑い日や湿度の高い日には、靴の中が蒸れてしまうという方も多いかと思います。

靴の中が蒸れると気持ち悪いだけでなく、足や靴が臭くなってしまうことにも繋がります。菌も繁殖してしまい衛生的にも良くはありません。

今回はニコラス自身も実践している、とあるアイテムを使って靴の中の蒸れを軽減する方法をご紹介します。

使うもの

使うものはたったの2つです。


ドクターショールの足用と、靴用です。
この2つを組み合わせると結構最強です。
では、実際の使い方を説明していきます。

使い方

使い方はとても簡単です。説明するまでもないかも知れません。

まず用意するのはこちら。

これを足にスプレーします。商品には素足でも靴下を履いていてもどちらでも良いと書いてありますが、個人的にはまず素足にスプレーして、そのあと靴下を履いて靴下の上からもスプレーするというのが効果的かなと感じました。

スプレーする時には足から10cmほど離してスプレーしましょう。

足にスプレーすると、少し足が涼しくなり、汗が引く感覚がします。一般的な制汗スプレーとは異なり強い匂いなどはせず快適に利用することができます。

次に用意するのはこちら。

ドクターショールの靴用の方です。

これは、靴の内側にスプレーします。

 

靴からやや離した状態で靴の内側にスプレーします。こちらも他の匂いで匂いを打ち消すものではなく、本当に匂いを防いでくれるため快適に使用できます。

使用するタイミングとしては、ニコラス自身が使ってみて1番効果があると感じたのは、家に帰ってきて靴を脱いだ時と、朝履く前の2回使うというものです。

履く前に使う時は、必ず履く5分以上前にスプレーしましょう。

これらの手順を実際にやると、まず靴を履いてから暫くはほとんど汗をかきません。また、蒸れないため足が爽やかになります。1日履いているとスプレーをしていても汗をかいてしまうこともありますが、ほとんど蒸れず、また、臭いの元となる菌を殺菌してくれるためほとんど臭いません。(個人的な感想です)

 

商品のデメリットとして感じたのは1本の量が少し少ないかなということだけです。安いのでいいですが。。。

まとめ

夏の日なんかはサンダルならいいですがスニーカーやキャンバスシューズなどを履くと足が蒸れるだけでなく臭くなってしまうこともあります。しかし、今回紹介した方法であれば、蒸れも匂いも解消できます。

是非試して見てください。

では。ニコラスでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)