課題の管理に便利なアプリ- Microsoft To-Do

Microsoft To- Do ホーム

おはようございます。ニコラスです。みなさんは、大学での課題、どの課題がいつまでか、今やるべきはどの課題か、しっかり把握できていますか?
今回は、課題の管理に便利な、タスク管理アプリ、Microsoft To- Doをご紹介します。

機能

まず、アプリを起動すると、下のような画面が出てきます。

Microsoft To- Do ホーム

この画面では、見ての通り「今日の予定」を入力できます。ただ、僕の場合は大学の課題を書き留めるために使っているので、その日に入力して、その日にやらなくてはいけない、なんてことはありませんのでこちらの機能は使っていません。では、何を使っているかというと、Microsoft To-Doアプリのホーム画面の左上にある、メニューバー(三マーク)を押すと出てくる、To-Doの機能を利用しています。

To-Do機能を使えば、下の画像のように、期限などを自由に設定して使うことができます。終わった課題は、左側の丸印をタップしてチェックを入れることができます。

新たな課題は、To  Doの追加ボタンより行えます。タスクの名前は自分がわかりやすいように設定しておきましょう。

期限日を設定しておけば、自分の設定したタイミングで通知を受け取ることもできるので、忘れる心配はありません。

また、ステップの追加機能を使えば、例えばAという教材を使うときに、1ページ目、2ページ目、といったように入れ子型にタスクが設定できるので、それもまた便利です。

また、課題について何かメモしたいというときにはメモも保存できるので安心です。

なぜこのアプリなのか

では、タスクアプリなど沢山あるのになぜこのアプリを使うのか。

もちろん、デザイン、機能がシンプルで使いやすいというのも理由の1つです。

しかし、僕がそれよりも大きな理由としてあげたいのは、Microsoftアカウントでログインすることによって、アプリの内容を同期して複数の端末で利用することができるということです。

大学生なら、パソコンやタブレットも使う場合が多いと思いますが、それらの端末全てで利用できるのです。

例えば、僕の場合は授業中などにはパソコンを使うことが多いので、課題を言われたらすぐに入力できるよう、パソコンにもMicrosoft To- Doアプリをインストールしています。

パソコン版でも、スマホ版のアプリと同じような作りになっていて、操作も簡単ですので、誰でも使うことができます。

まとめ

さて、この記事では課題の管理にも便利なMicrosoft To- Doをご紹介しました。

興味のある方は是非ダウンロードしてみてください。iPhoneの方は下のリンクからダウンロード、Androidの方はgoogle play storeで検索してダウンロードできます。パソコンの場合はMicrosoft storeでダウンロードしてください。

Microsoft To-Do

無料
(2018.05.19時点)
posted with ポチレバ

あなたも、このアプリを活用して課題忘れなどを無くしましょう!

ニコラスがお送りしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。