通学・帰宅の電車で寝過ごさない方法

こんにちは。大口を開けて電車で寝ている大学生、ニコラスです。今朝大学に向かう時、爆睡していて乗り換えなくてはいけない駅で降りそびれてしまいました。

今回は、そんな電車での爆睡を防ぐための方法をご紹介します。

解決方法はこれ一択!目覚ましを使う!

電車で寝ることによる乗り過ごしを防ぐ方法、昔であれば隣の人に起こしてもらう、なんて方法もあったのかもしれませんが、現代はそんなことをせずともスマホがあります。

スマホを目覚ましとして使えば良いのです。ただし、この方法にはいくつか注意点があります。

iPhoneの時計アプリは使うな!

電車の中で目覚まし音が鳴り響く。通勤通学時間帯の車内ではよくある出来事です。疲れている時に他人の目覚まし音が聞こえたり、寝ていて他人の目覚ましに起こされてしまったりしたら非常に不愉快ですよね。

で、気づいている方も多いかと思いますが、あの車内で鳴り響いている音は大抵iPhoneの音です。

そうです。iPhoneは、イヤホンをしていてもアラームかスピーカーからなってしまうのです。これ、気付かずにイヤホンをしたまま本体から鳴らしている、という方もいるかと思います。

また、iPhoneの時計アプリを使うと、マナーモードであっても音が鳴ってしまいます

iPhoneの時計アプリを使う方法だと、どうしてもスピーカーから音が鳴ってしまうので、電車では使ってはいけないのです。

爆音目覚ましに注意!

iPhone標準の時計アプリがだめなら、ストア上の目覚ましアプリを使おう、となると思いますがこの時のアプリ選びにも注意が必要です。

多くの目覚ましアプリは、イヤホンをしていればイヤホンからしか音はなりませんが、爆音が鳴ります。電車で寝ていて爆音が耳の中で鳴り響くと、変なリアクションを取ってしまう可能性が高く、恥ずかしいです。また、イヤホンからの音漏れも心配です。

スマホの充電が…

大抵の目覚ましアプリは、大きな音を通知ではない形で、長時間ならせるようになっています。そのため、アプリの画面を常につけておく必要があるものが多いのです。

電車に乗っているあいだ常に画面を付けていると、スマホの充電をかなり消費することになってしまい、その日の生活が崩壊してしまうかもしれません。

電車での使用におすすめの目覚ましアプリはこれ!

まずおすすめなのはこれ!

こちらのアプリは、イヤホンもしなくて良い、バイブで起こしてくれる目覚ましアプリです。

バイブなので周りの人に迷惑がかかることもなく、ただポケットに入れておくだけで良いだけでなく、通知を連続して表示するタイプなので画面をずっとつけておく必要もなく、充電切れの心配も少ないです。

また、セットした時間になると、あなたが自分でストップするまでずっとバイブを鳴らしてくれるため、起きれないという心配もありませb

次におすすめなのはこちら!

イヤホン目覚まし時計

無料
(2018.06.22時点)
posted with ポチレバ

こちらのアプリは、イヤホンに特化した目覚ましアプリです。イヤホンに特化しているのでボリュームなども設定できます。また、自分のiPhoneに入っている音楽などもアラーム音に設定できます。

さらに、このアプリでは睡眠導入音も流すことができるため、電車でもスッキリ眠ることができるかもしれません。

まとめ

電車での乗り過ごし….

大学生活の中では今回が初めてだったので結構あせりました。みなさんも降り過ごしを防ぐために、ぜひこの記事を参考に目覚ましアプリを使ってみてください。

では。ニコラスでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。