雨が靴に染み込まないようにする方法

こんにちは。ニコラスです。雨の日に外を出歩くとき、土砂降りだったり水溜りがあったりすると靴に雨水が染み込んでグショグショして気持ち悪くなること、あると思います。

そうならないための、靴に水が染み込まないようにする方法をご紹介します。

防水スプレー

今使っている靴で、雨水が染み込まないようにする方法は、防水スプレーを使うという方法です。この方法は、防水が不完全になってしまうこともありますが、手軽で、今使っている靴をそのまま使えるというメリットがあります。

防水スプレーには、こちらの商品のようなものがあります。

こちらの商品は、防水能力も高いですが、汚れを防ぐこともできます。

使い方は簡単で、お使いの靴にサッと吹きかけるだけです。

塗るタイプ

防水スプレーは、塗布する際に飛び散ってしまうというデメリットや、匂いがあるというデメリットがありますが、こちらの塗るタイプであればそれらのデメリットが克服できます。

ただし、主に革靴などが使用の対象となっていますので注意が必要です。

使い方は、ただ塗るだけです。

防水の靴

これは、新たに靴を買わないといけませんが効果が高いです。

以前は防水靴といえば作業靴のようなものしかありませんでしたが最近ではスニーカーやキャンバスシューズなどでも防水のものが多くあります。

ニコラス自身もABCマートで防水のキャンバスシューズを購入しましたが、雨の日に履いても全く染みることなく抜群の防水能力を発揮してくれています。

上のような商品がAmazonでも販売されていますが、個人的には1番おすすめの方法です。購入は、ABCマートなど街中の靴店で可能です。

レインシューズ

レインシューズとかっこよく書いてみましたが要するに長靴的なものの事です。

以前はThe長靴と言った感じのものや、デザインの良くないものが多かったですが最近ではデザイン性に優れますレインシューズが多くあります。

レインシューズですので防水はもちろん完璧です。ネット通販や街中の靴店で購入が可能です。

まとめ

雨の日に履いても靴に雨水が染みない方法をご紹介しました。

手軽さを求めるなら防水スプレー、飛び散らせたくないなら塗るタイプ、より完璧な防水を求めるなら防水靴、完全なる防水が欲しいのであればレインシューズ、と言った感じでしょうか。

是非検討してみてください。では。ニコラスでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)